置き場のない骨董品のオークション


生前に骨董品の鑑定をすませておく

空き家問題が深刻化する中、実家の片づけ方に関心が集まっていているのです。
亡くなってからは遺品整理と言いますが、生前に片づけを行う場合は老前整理などといわれています。
実家を片づける際に、父親のもので子供が困ったなと思うものの一つが骨董品です。
何やら立派な掛け軸があるが、本人以外、家族はその価値がわからない、本人に聞いてもはぐらかすばかりで、なかなか金額も聞き出せず、価値もわからないので取っておくということになりやすいのが、骨董品になります。
この場合、なぜ価格を言おうとしないのかと言えば、大枚をはたいたことを家族に、特に奥さんにはばれたくないので、できれば死ぬまで内緒にしておきたいという心理があるのです。
骨董品の価値を知るためにはどうするべきかといえば、何よりも先に品物をほめ、警戒心がとけたところで何気なくその価値について聞いておきます。
遺品整理の時に鑑定してみると、ガラクタだと思っていたものが数百万円の価値があるという例もあります。
そのため、生前にその価値を確認しておくか、鑑定を依頼しておき、誰かに譲る意思や約束があるのかまで確認しておくことが大事です。

骨董品を正しく鑑定してもらうには

所有している骨董品を業者に買取依頼をする際には、なるべく高額になることを期待するものです。
とはいえ、ある程度の相場は決まっているとはいえ、業者や鑑定する人によって買取価格が上下してしまうことは珍しくありません。
そのために、複数の場所で鑑定をしてもらい、期待値になるべく近いところに買取依頼をするなどの努力が必要となります。
とはいえ、本当に結果が正しいのかは素人には判断はできません。
そこでまずは、鑑定をしてもらう人を選びましょう。
人によっては、例えば食器ならば食器のみを、あるいは古銭ならば古銭のみを取り扱うなど専門を設けている場合もありますし、あるいはジャンルは関係なくすべての骨董品を扱っている人もいます。
どちらが優れているかなどは一概にはいえないものの、専門的に取り扱っている人の方が特定のジャンルにおいては知識が深く経験が豊富な場合が多いので、正しさを求めるのであれば専門に特化している人を選択するようにしましょう。

pickup

最終更新日:2015/12/3

 
Copyright©2015 置き場のない骨董品 All rights reserved.